西郡の局「お葉」をわかりやすく解説【どうする家康】徳川家康最初の側室とされる女性の運命

西郡の局「お葉」とは

西郡の局 (にしのこおりのつぼね) は戦国時代の女性で、鵜殿長持の娘として1548年に生まれた。
別名は西郡の方、蓮葉院、西郡局とも書く。
母は今川義元の妹とも考えられるが諸説あり不詳。
兄弟に鵜殿長照、1550年頃誕生とれさる妹・お田鶴の方(椿姫)がいる。
2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」では「お葉」と言う名前で登場する予定で、演じられる女優さん(俳優さん)は北香那さんとなる。

父・鵜殿長持は三河・上ノ郷城(西郡城)主で、今川義元に従っていたが1558年に死去し、兄・鵜殿長照が家督を継いでいる。
1560年、桶狭間の戦いの際には、鵜殿長照が守備した大高城に松平元康が兵糧を輸送している。
しかし、織田信長が今川義元を討取ると、松平元康は三河・岡崎城に復帰して今川家から離反。
兄・鵜殿長照は引き続き今川勢となったため、1562年、松平元康は三河統一に向けて松平清善らと上ノ郷城(西郡城)を攻撃。
松平勢は甲賀衆を使って火を放ち鵜殿長照は討死。
鵜殿長照の子・鵜殿氏長鵜殿氏次は捕らえられた。
のち、駿河にて今川氏真の人質となっていた徳川家康の正室・瀬名姫(築山殿)、嫡男・松平信康、長女・亀姫らとの人質交換で、鵜殿氏長と鵜殿氏次は駿河に送られている。

西郡局は兄弟である鵜殿長忠の養女となって、松平元康の元に送られたと言うので人質的な側室になったと言う事だろう。
徳川家康が最も古く側室にしたのが西郡の局だ。
「どうする家康」では、はじめ下女として岡崎城で働くが、於大の方などに見込まれて側室になると言うストーリー展開となる。

1565年、徳川家康にとっての次女・督姫(おふう)を産んだ。
この督姫(とくひめ) はのちに武田勝頼滅亡後に、徳川家と北条家が和睦した際、北条氏直の正室として小田原城に入っている。
北条氏滅亡後、督姫は池田輝政に再嫁した。

なお、西郡の局は焼失していた三河・長應寺(ちょうおうじ)を鵜殿一族の日翁に再建させている。

1568年、妹・お田鶴の方(椿姫)は女武将として曳馬城を守備し、徳川家康の攻撃を受けて討死している。

徳川家康が江戸幕府を開いたあとの1606年、西郡局は伏見城にて死去。享年59。
徳川家康の命により娘婿・池田輝政が葬式を執り行った。

墓所は京都・本禅寺の塔頭・心城院。(非公開)
法名は蓮葉院日浄。
他の墓所は、池田輝澄(池田輝政の4男)が造営した兵庫県宍粟市山崎町の青蓮寺と、静岡県湖西市鷲津の本興寺、東京都品川区小山の長應寺にもあるようだ。

鵜殿長照と人質交換となった鵜殿氏長とその弟である鵜殿氏次
築山殿は悪女だったのか?築山御前が殺害された本当の理由とは
お万(永見貞英の娘・長勝院)をわかりやすく2分で解説【どうする家康】結城秀康の母
飯尾連竜とお田鶴の方・椿姫【女城主】椿姫観音
徳川家康と言う戦国武将に迫る【徳川家康】性格・人柄・死因は?
督姫をわかりやすく2分で解説【どうする家康】北条氏直に嫁いだ徳川家康の次女
鵜殿城 今川家の家臣である鵜殿氏の発祥地
どうする家康【キャスト・出演者一覧リスト】NHK2023年大河ドラマ