最新情報

戦国期の対外貿易~九州戦国大名と海外貿易

日明貿易と寧波の乱日明貿易は室町幕府第3代将軍・足利義満と明の間で1401年(応永8年)から始まった朝貢貿易で、貿易船の身分を勘合符で証明したことから、勘合貿易とも呼ばれています。そもそも日明貿易は歴...

現代にも通用する? 織田信長の組織づくり

織田信長(おだ のぶなが)は、斬新な数々の政策や戦術を駆使して、戦国の世を駆け抜けた人物ですが、ここでは織田信長の家臣団にスポットを当てていきます。織田家臣団は実力主義か?織田信長の家臣と言えば、羽柴...

戦国期でも大活躍の職人さん!当時の建築業者たち

 『職人。じつにひびきがいい。そういう語感は、じつは日本の文化そのものに根ざしているように思われるのである。』 『日本は、世界でもめずらしいほど職人を尊ぶ文化を保ちつづけてきたが、そういうあたり、近隣...

天正伊賀の乱の解説~忍びの国の悲劇(伊賀衆)

忍者とは忍者と聞いて真っ先に思い出すのは、伊賀忍者の服部半蔵(服部正成)ではないでしょうか。服部半蔵(服部正成)は、戦国時代から江戸時代にかけて松平氏から徳川氏の家臣として活躍しました。実は、服部半蔵...