福富貞家【わかりやすく解説】濃姫に従い織田家の家臣になった戦国武将

福富貞家とは

福富貞家(ふくずみ さだいえ) は戦国時代の武将で生没年は不詳。
福富平太郎貞家(ふくずみ へいたろう さだいえ)とも言う。

そもそも福富氏は、鎌倉御家人・梶原景時の家来だったようで、福富国秀(福富万蔵国秀)が福冨家の初代だと言う。
梶原一族が討伐された際に、梶原7人衆のひとりに福富万蔵がいて岐阜に逃れたようだ。
その後、室町時代には縁組などがあったようで清和源氏土岐氏支流の明智一族とされている。

と言う事で福富貞家は美濃の武将ではじめ斎藤道三に仕えていた。
斎藤道三の娘・濃姫が、織田信長の正室として輿入れした際に、清洲城に同行し織田秀信の家臣に加わることに。

お濃(濃姫、お濃の方、帰蝶、鷺山殿)の母は明智光継の娘・小見の方とされるため、同じ明智一族の者から尾張に付き添う人選が行われたのであろう。

福富貞家に関してはこのくらいのことしかわかっていないが、子の福富秀勝は織田家で活躍が見られる。

子の福富秀勝は小姓を務めたあと、佐々成政前田利家・野々村正成・塙直政らと織田勢の鉄砲奉行として見られる。
1582年、明智光秀本能寺の変では、織田信忠の直臣として妙覚寺にいて、二条城の織田信忠と合流すると奮戦。
しかし、福富秀勝は猪子高就、毛利良勝、菅屋長頼、野々村正成、村井貞勝など多くの武将と共に討死した。

福富貞家を演じた俳優(役者)さんとしては下記の通り。

大河ドラマ「国盗り物語」(1973年NHK)では和崎俊哉さん。
TXの国盗り物語(2005年)では小野寺丈さん。
大河ドラマ「功名が辻」(2006年NHK)では山上賢治さん。
2023年公開映画「THE LEGEND&BUTTERFLY」(レジェンド・アンド・バタフライ)では伊藤英明さんが重要な役柄として演じている。

お濃(濃姫、お濃の方、帰蝶、鷺山殿)~謎多き道三の娘の生涯
織田信長はどんな人・どうやって天下を目指したのか?5分で解説
東映映画「THE LEGEND&BUTTERFLY」(レジェンド・アンド・バタフライ)出演者・キャスト情報~2023年1月公開予定・東映70周年記念作品